トップ > 簡単なイラストの制作 > 文字を入れる >
文字を移動する

入力した文字を移動する

前の記事では、文字ツールを使って "Wilter" という文字を入力しました。 ここでは、入力した文字 "Wilter" を移動する手順について説明します。

移動ツールで移動できる

文字レイヤは以下の手順で移動することができます。

1. 移動ツールを選択
1. 移動ツールを選択

上図のようにツールボックスから移動ツールを選択します(またはキーボードのMを押します)。

次に、移動の対象となるレイヤの決定方法を変更します

2. 機能の切り替えを変更
2. 機能の切り替えを変更

上図のようにツールボックス下部のツールオプションにある機能の切り替えに"アクティブなレイヤーを移動"を選択します

  
機能の切り替えに"アクティブなレイヤーを移動"を選択したことで、選択中のレイヤが移動対象になります。
  
上記のオプションの変更を行わないと、マウスでドラッグを開始した場所が透明でないピクセルを持った最も上位のレイヤが移動対象になってしまいます。 今回の例では、下絵レイヤが全体が不透明、かつ、最上位に位置しています。 そのため、どんな移動操作を行っても下絵レイヤが移動対象になってしまいます。
  
下絵レイヤが無条件に移動される事態を避けるため"アクティブなレイヤーを移動"に切り替えました。

では、文字 "Wilber" を移動しましょう。 文字中心から上部に向かってマウスの左ボタン(マウスの左ボタン)でドラッグします。

3. マウスの左ボタンでのドラッグでレイヤを移動
3. マウスの左ボタンでのドラッグでレイヤを移動

上図のようにドラッグによって文字レイヤが移動します。 赤色の矢印はドラッグの動きを表しています。

次に、キーボードのカーソルキー(↑↓←→)でも移動してみましょう。 キーボードのカーソルキー(↑↓←→)を押すことで、対象をピクセル単位で移動させることができます。

4. キーボードのカーソルキーでレイヤを移動
4. キーボードのカーソルキーでレイヤを移動

上図のようにキーボードのカーソルキーで文字 "Wilber" を下部に移動します。

  
位置を微調整する場合はキーボードのカーソルキー(↑↓←→)での移動が適切です。
  
キーボードのSHIFTキーを押しながら移動させると、1回のカーソルキー(↑↓←→)の押下で大きく移動させることができます。
ページの先頭へ
 

まとめ

移動ツールを使って文字レイヤを移動することができます。 キーボードのカーソルキーでの移動ではピクセル単位で微調整することができます。

操作/コマンド 説明
M 移動ツールを選択する。
ページの先頭へ
 
Google+ GIMP Community
 
 
-
-
-
-