トップ > 基礎知識 >
GIMPとは

 
 
 
 
-
-
-
-
 
 
 
 
 

GIMPの発音

GIMPは、ギンプ もしくは ジンプ と発音するのが一般的です。 ジンプ よりも ギンプ と発音する人の方が多いように感じられます。

なお、筆者はGIMPを使い始めた頃は ジンプ と発音していたのですが、最近は ギンプ と発音することの方が多くなりました。

ページの先頭へ
 

GIMPでできること

GIMPは、ラスタ画像の作成・加工を行うための無償のソフトウェアです。 無償で使えるソフトウェアながら、有償のソフトウェアと同程度の機能を備えており、GIMPがあれば、ほとんどの画像処理を行うことができます。

ラスタ画像

ラスタ画像とは、画像を『色情報を持つ点の羅列』として表現したデータ形式の画像で、ビットマップ画像とも呼ばれます。 写真のような緻密な情報を表すのに適しています。

デジタルカメラで撮影した写真がラスタ画像の代表です。

ラスタ画像での拡大
ラスタ画像での拡大

ただし、点の集まりであるため拡大すると画質が荒くなるという欠点があります。

  
ラスタ画像を扱う画像ソフトウェアを『ペイント系フト』と呼びます。 初期のMacintoshに搭載されていたラスタ画像ソフトウェアが『マックペイント』という名称であったことに由来しています。
  
キャンバスに筆で塗るように描く画像ソフトウェアが、『ペイント系ソフト』です。 無償のペイント系ソフトの代表がGIMPです。

ベクタ画像

一方、画像を『式で表される図形の集まり』として表現したデータ形式の画像をベクタ画像と呼びます。

式で表される図形とは、線や円などです。 例えば、"座標(2,4)から座標(9,0)への太さ1.0の線"や"座標(4,8)を中心とした半径1.5の円"といった情報の集まりで画像を表します。

ベクタ画像での拡大
ベクタ画像での拡大

描画するたびに式から計算されるため、拡大・縮小してもその解像度に合った画質で表示されます。 そのため、イラストのような手書きの画像を表現するのに適しています。

ただし、写真のような緻密な点の集まりを表現するのは苦手です。

  
ベクタ画像を扱う画像ソフトウェアを『ドロー系ソフト』と呼びます。 由来は、初期のMacintoshに搭載されていたベクタ画像ソフトウェアが『マックドロー』という名称であったためです。
  
好きな形に切り抜いた紙をキャンバスに貼っていく手法、つまり、貼り絵のような感覚で描く画像ソフトウェアが『ドロー系ソフト』です。 なお、GIMPは『ドロー系ソフト』ではないため、ベクタ画像を作成することはできません。

ドロー系の無償のソフトウェアとしてはInkscapeが有名です。 趣味の範囲で画像を扱うのであれば、GIMPとInkscapeをインストールしておけば困ることはありません。

Inkscapeについては、Inkscapeを参照ください。

ページの先頭へ
 

まとめ

GIMPは、ラスタ画像の作成・加工を行うための無償のペイント系ソフトウェアです。 無償で使えるソフトウェアながら、有償のソフトウェアと同程度の機能を備えており、GIMPがあれば、ほとんどの画像処理を行うことができます。

ページの先頭へ
 
Google+ GIMP Community
 
 
 
-
-
-
-