文字入力の流動化と固定化について

トップ > 知っておきたい機能 > 文字入力関連 >
テキストボックスの流動化と固定化

 
 
 
-
-
-
-
 
 
 
 
 
 

枠を中身に合わせるか中身を枠に合わせるか

これまで、文字ツールを使った文字入力の例をいくつか紹介してきました。 しかし、まだ説明していない重要な機能がありますのでここで説明しておきます。

まだ説明していない重要な機能とは、テキストボックスの流動化と固定化についてです。 テキストボックスとは、キャンバス上の文字の入力場所のことです。

テキストボックス
テキストボックス

テキストボックスは、初期状態では入力された文字に合わせて自動的に幅や高さが変化します。 これを固定化して文字をテキストボックスの枠に合わせてはめ込むようにすることもできます

ここではテキストボックスを固定化する方法と、元に戻す(流動化させる)方法について説明します。

ページの先頭へ
 
 

流動化と固定化での文字入力の例

では、流動化での文字入力と固定化での文字入力の例を紹介します。

まずは、"文字を入力します。"という文字を入力します。

1. "文字を入力します。"と入力
1. "文字を入力します。"と入力

上図のように文字を入力します。 テキストボックスは自動的に広げられ、"文字を入力します。"という文字を囲む大きさになっています

続けて、"さらに入力します。"という文字を追加入力しましょう。

2. "さらに入力します。"と追加入力
2. "さらに入力します。"と追加入力

上図のように文字を追加入力します。 テキストボックスがさらに広がります。 なお、テキストボックスがキャンバスからはみ出してしまい、文字の一部が見えなくなりました

このように、初期状態ではテキストボックスは文字に合わせて幅や高さが調整されます。 これは、初期状態では、流動化での文字入力が行われるためです。

ではここで、ツールボックス下部のツールオプションに注目してください。

3. テキストボックスは流動的が選択されている
3. テキストボックスは流動的が選択されている

上図のようにテキストボックスが"流動的"になっています。 現在の文字入力の状態が『流動化』なのか『固定化』なのかは、ここで判断することができます

引き続き、流動化のままで文字入力を行います。 現在、1行で入力している文字を2行にするために、"文字を入力します。"の後ろで改行しましょう。

まず、改行する場所に文字カーソルを移動します。 "文字を入力します。"の右をマウスの左ボタン(マウスの左ボタン)でクリックします。

4. 改行する場所に文字カーソルを移動する
4. 改行する場所に文字カーソルを移動する

上図のように"さらに入力します。"の前に文字カーソルが移動します。

続いて改行を入れます。 キーボードのEnterキーを押します。

5. 改行されて2行になった文字
5. 改行されて2行になった文字

上図のように改行によって文字が2行に分かれます。 また、テキストボックスの幅と高さが文字に合わせて調整されます

では、再び1行に戻しましょう。 キーボードのBack Spaceキーを押します。

6. 1行に戻った文字
6. 1行に戻った文字

上図のように文字が1行に戻ります。 もちろん、テキストボックスの幅と高さも自動的に調整されています

以上が流動化での文字入力です。 流動化での文字入力では、テキストボックスは文字に合わせて幅と高さが自動的に調整されます

続いて、文字入力の固定化への切り替えを行ってみます。

テキストボックスの四隅に枠がありますが、これを移動させてテキストボックスを変形させましょう。 テキストボックスの右下の枠をキャンバスの中央下部に移動します。

  
四隅の枠をドラッグすることで四隅をそれぞれ移動させることができます。
7. テキストボックスの右下の枠をドラッグ
7. テキストボックスの右下の枠をドラッグ

上図のようにテキストボックスの右下の枠をドラッグします。 赤色の矢印はドラッグの動きを表しています。

8. 変形させたテキストボックス
8. 変形させたテキストボックス

上図のようにテキストボックスが変形します。 また、文字がテキストボックスの枠に合わせて自動的に折り返されています

このように固定化での文字入力では、文字がテキストボックスの枠に収まるように自動的に折り返されます

さらに、ツールボックス下部のツールオプションに注目してください。

9. テキストボックスが固定に切り替わっている
9. テキストボックスが固定に切り替わっている

上図のようにテキストボックスが"固定"になっています。 テキストボックスを変形させたことで、自動的に"固定"に切り替わりました

では、再び流動化に戻しましょう

10. 流動的に変更
10. 流動的に変更

上図のようにツールボックス下部のツールオプションにあるテキストボックスに"流動的"を選択します

11. 文字に合わせてテキストボックスの幅と高さが調整される
11. 文字に合わせてテキストボックスの幅と高さが調整される

上図のようにテキストボックスの幅と高さが自動的に調整されます

ページの先頭へ
 
 

まとめ

GIMPの文字ツールには、流動化と固定化の2つの状態があります。 初期状態は流動化で、入力された文字に合わせてテキストボックスの幅と高さが調整されます。

固定化での文字入力では、テキストボックスの枠に収まるように文字が自動的に折り返されます。

ページの先頭へ
 
Google+ GIMP Community
 
 
-
-
-
-