トップ > 知っておきたい機能 > 全般 >
キャンバスのスクロール

 
 
 
 
-
-
-
-
 
 
 
 
 

キャンバスをスクロールする様々な方法

知っておきたい機能 > 全般 > キャンバスのズームイン・アウトでは、キャンバスの表示のズームイン・ズームアウトを説明しました。 続いては、キャンバスのスクロールについて説明します

マウスのホイールによるスクロール

マウスのホイール(マウスのホイール)の上回転・下回転でキャンバスを上下にスクロールすることができます。 なお、この操作では、キャンバスを左右にスクロールすることはできません。 つまり、正確に上下のみにスクロールさせることができるということです

  
左右にブレずに上下のみにスクロールさせる必要がある場合は、マウスのホイールでスクロールさせましょう。

マウスの中ボタンでのドラッグによるスクロール

マウスの中ボタン(マウスの中ボタン)のドラッグでもキャンバスをスクロールすることができます。 このマウスの中ボタン(マウスの中ボタン)のドラッグによるスクロールは、非常に重要です

スクロールバーやマウスのホイール(マウスのホイール)を使ったスクロールには重大な制約があります。 それは、画像外領域までスクロールできないという問題です。

しかし、マウスの中ボタン(マウスの中ボタン)のドラッグでスクロールすればこの制約を受けません。 画像外領域まで、スクロールすることができます。

では実際にウィルバー君の画像を使ってマウスで画像をスクロールしてみましょう。 まず、ウィルバー君の画像を開きます。

1. 表示倍率100%
1. 表示倍率100%

上図のようにウィルバー君の画像を開きます。 なお、画像外領域とは、上図の緑色に薄く着色した部分です

では、キーボードの+(プラス)を3回押します

2. 表示倍率300%
2. 表示倍率300%

上図のように表示倍率が300%になり、画像の一部しか表示されなくなりました。 また、画像外領域ももちろん見えなくなりました

では、スクロールバーで上方向にスクロールしましょう。

3. スクロールバーによるスクロール
3. スクロールバーによるスクロール

上図のようにスクロールバーを上方向に移動します。 赤色の矢印はドラッグの動きを表しています

4. スクロールされたウィルバー君
4. スクロールされたウィルバー君

上図のように上限まで上方向にスクロールしても画像外領域は表示されません。 このように、スクロールバーでは、画像外領域まではスクロールできません

では次に、マウスのホイール(マウスのホイール)を上回転してください。 同様に、画像外領域まではスクロールできません。

なお、画像ウィンドウを画像より大きくなるまで広げれば、画像外領域を表示できます。 しかし、画像ウィンドウはデスクトップ画面よりは大きくできないため、大きな画像ではその方法は使えません。

どんな大きな画像や拡大率でもスクロールできる方法が、マウスの中ボタン(マウスの中ボタン)のドラッグによるスクロールです。 実際にマウスの中ボタン(マウスの中ボタン)のドラッグでスクロールしてみましょう。

5. マウスによるスクロール
5. マウスによるスクロール

上図のようにマウスの中ボタン(マウスの中ボタン)で下方向にドラッグします。 赤色の矢印はドラッグの動きを表しています

6. 画像外領域が表示されたウィルバー君
6. 画像外領域が表示されたウィルバー君

上図のように画像外領域が表示されました。

キーボードのスペースキーとマウスの移動によるスクロール

キーボードのスペースキーを押しながらマウスを移動することでも、キャンバスをスクロールすることができます。 マウスの中ボタンでのドラッグによるスクロールと同じく、画像外領域までスクロールすることができます

キーボードのスペースキーを押し、スペースキーは押したままマウスを動かすと、その方向にキャンバスがスクロールします。 キャンバスを左にスクロールしたければマウスを左に、下にスクロールしたければマウスを下に移動します。

  
マウスの中ボタンでのドラッグによるスクロールとは違い、両手での操作になります。
  
トラックボールを使用している場合は、こちらの方が操作しやすいでしょう。

ナビゲーションプレビューによるスクロール

画像ウィンドウの右下にあるナビゲーションプレビューボタン(ナビゲーションプレビューボタン)からでもキャンバスを画像外領域までスクロールすることができます。

ただし、ナビゲーションプレビューボタン(ナビゲーションプレビューボタン)までマウスカーソルを持っていくのに若干の時間がかかるため、少量のスクロールであればマウスの中ボタン(マウスの中ボタン)のドラッグでのスクロールの方が便利です。 しかし、スクロール量が多い場合にはナビゲーションプレビューボタン(ナビゲーションプレビューボタン)からスクロールする方が早いです。

では実際にウィルバー君の画像を使ってナビゲーションプレビューで画像をスクロールしてみましょう

1. 表示倍率100%
1. 表示倍率100%

上図のようにウィルバー君の画像を拡大表示で開きます。 では、ナビゲーションプレビューで画像外領域までスクロールしましょう。

ナビゲーションプレビューボタン(ナビゲーションプレビューボタン)にマウスカーソルを乗せます。 その状態で、マウスの左ボタン(マウスの左ボタン)を押します。

2. ナビゲーションプレビューを開く
2. ナビゲーションプレビューを開く

上図のようにナビゲーションプレビューが表示されます。 マウスの左ボタン(マウスの左ボタン)を離すとナビゲーションプレビューは消えてしまいますので押したままにしましょう。

ナビゲーションプレビューは一部が明るく、他の部分が暗くなっています。 明るい部分が現在の表示範囲を表しており、マウスのドラッグで表示範囲(明るい部分)を移動させることができます。

実際にマウスのドラッグでスクロールしてみましょう。 マウスの左ボタン(マウスの左ボタン)を押したままスクロールする方向にマウスをドラッグします。

3. ナビゲーションプレビューによるスクロールの開始
3. ナビゲーションプレビューによるスクロールの開始

上図のようにマウスを上方向にドラッグします。 赤色の矢印はドラッグの動きを表しています

4. ナビゲーションプレビューによるスクロールの完了
4. ナビゲーションプレビューによるスクロールの完了

上図のように表示範囲が移動します。 表示範囲を任意の場所に移動したらマウスの左ボタン(マウスの左ボタン)を離します。

5. 画像外領域が表示されたウィルバー君
5. 画像外領域が表示されたウィルバー君

上図のように画像外領域が表示されました。

ページの先頭へ
 

キーボードを使ったスクロール

キーボード操作でもキャンバスをスクロールさせることができます。

操作 説明 画像外領域まで
スクロールできるか
CTRL + カーソルキー(↑↓←→) キャンバスの端までスクロール ×
SHIFT + カーソルキー(↑↓←→) キャンバスを半ページスクロール ×
  
描画系のツール以外では、上記の操作ではスクロールできないこともあります。
ページの先頭へ
 

まとめ

スクロールバーやマウスのホイール(マウスのホイール)では、画像外領域まではスクロールできません。 大きな画像や表示倍率が高い場合などは、マウスの中ボタン(マウスの中ボタン)のドラッグでスクロールしましょう。 ただしスクロール量が大きい場合は、ナビゲーションプレビューボタン(ナビゲーションプレビューボタン)でスクロールする方が早いです。

ページの先頭へ
 
Google+ GIMP Community
 
 
 
-
-
-
-