トップ > 簡単なイラストの制作 > 輪郭を形作る >
パスで輪郭を形作る

パスで輪郭を囲む

基礎知識 > パスで線の集合を管理で説明した『パス』の機能を使って、ウィルバー君の輪郭を作成します。

パスで囲む

まずは、描画の対象となるレイヤを選択します。

1. レイヤの選択
1. レイヤの選択

上図のようにレイヤーダイアログのレイヤ一覧から土台レイヤを選択します。 選択されたレイヤはレイヤ一覧で色づけされて表示されます(上図では青色ですが、Windowsの個人設定により色は異なります)。

レイヤを選択したら、パスツールを使ったパスの作成に進みます。

2. パスツールを選択
2. パスツールを選択

上図のようにツールボックスからパスツールを選択します(またはキーボードのBを押します)。

では、クリックで点をつなげていきます。

3. パスで囲む
3. パスで囲む

上図のように3つの点をクリックでつなげます。 なお、最後の点は最初の点とつなげてパスを閉じてください(パスを閉じる手順は以下に記載)。

  
パスは次の手順で閉じることができます。 キーボードのCTRLキーを押した状態で最初の点にマウスカーソルを乗せると、マウスカーソルの横にあるアイコンが連結カーソルアイコン(連結カーソルアイコン)に変わります。 その状態で、マウスの左ボタン(マウスの左ボタン)を押すとパスを閉じることができます。

点を打つ場所を間違ってしまった場合は、操作の取り消しを行なってください。 キーボードのCTRL + Zを押すことで、操作を1回ぶん取り消すことができます(1つ前の状態に戻ります)。

次に、線を曲げてウィルバー君の輪郭に合わせます。 曲げたい線の上に、マウスカーソルを乗せます。 その状態で、マウスの左ボタン(マウスの左ボタン)でドラッグして線を曲げます。

4. 線を曲げる
4. 線を曲げる

上図のように線を曲げます。 赤色の矢印はドラッグの動きを表しています。

  
線をドラッグすることで線を曲げることができます。
  
点をドラッグすることで点を移動することができます。

なお、一度のドラッグで下絵の輪郭に沿って曲げるのは難しいでしょう。 何度も曲げる作業を行なって輪郭に近づけてください。 重要なのはドラッグを開始する位置です。 線は、ドラッグ開始点が引っ張られるように曲がります。

  
ドラッグで線を曲げると黄色の線が表示されますが、この線はハンドルです。 ハンドルは、各点にあり、開いたり閉じたりすることで線の曲げ具合を調整することができます。 また、ハンドルの長さで、曲げの強さを調整することができます。
  
最初の大まかな曲げは今回のように線のドラッグで実施するのがいいでしょう。
  
その後の微調整はハンドル操作で実施するのがいいでしょう。

線が3本ありますので、全てを曲げて下絵の輪郭に合わせてください

5. 輪郭を形作る
5. 輪郭を形作る

上図のように輪郭を形作ったら、次にパスを選択範囲に変換します。 パスを選択範囲に変換するには、キーボードのEnterキーを押します

6. パスに沿って範囲選択する
6. パスに沿って範囲選択する

上図のようにパスに沿って範囲が選択されます。 では、この状態のまま次の塗りつぶし作業へ進みましょう。

ページの先頭へ
 

まとめ

GIMPでは、パスはクリックすることで直線的に点をつなげることができます。 また、パスの線はドラッグで曲げることができます。

パスの各点にはハンドル線があり、開いたり閉じたりすることで線の曲げ具合を調整することができます。 また、ハンドルの長さで、曲げの強さを調整することができます。

操作/コマンド 説明
B パスツールを選択する。

パスは、キーボードのEnterキーで選択範囲に変換することができます。

ページの先頭へ
 
Google+ GIMP Community
 
 
-
-
-
-