読込/保存とインポート/エクスポートについて

トップ > 基礎知識 >
読込/保存とインポート/エクスポート

 
 
 
-
-
-
-
 
 
 
 
 

読込/保存はXCFファイルのみ

GIMP 2.8系以降では、『読込』はXCF形式の画像ファイルを開くことを意味します。 同様に、『保存』は画像をXCF形式でファイルへ出力することを意味します。

  
XCF形式はGIMP独自の形式です。

他の形式の画像(JPEGやPNG、BMP等)の場合は、読み込みは『インポート』、書き込みは『エクスポート』と表現されます。

  
GIMP 2.6系までは、XCF形式の画像ファイルも、それ以外の形式の画像ファイルも『読込』や『保存』で統一されていたのですが、2.8系から上記のように変わりました。

XCFファイル

XCFファイルはGIMP独自のファイル形式で拡張子は .XCF です。 XCFファイルの特徴は、レイヤ・チャンネル・パスのような付加的な情報も保存できることです。

GIMPで画像を扱う場合には、XCFファイルを元画像として保管し、配布物はJPEGやPNGとして出力(エクスポート)するのが一般的です。

XCFファイルと他の形式のファイル
XCFファイルと他の形式のファイル

上図のウィルバー君の画像で例えると、XCFファイルでは帽子とウィルバー君および背景を別レイヤとして管理します。 そのXCFファイルを元に、全レイヤの画像を合成してJPEGファイルに出力(エクスポート)します。 出力したJPEGファイルはウェブに掲載するなどして利用します。

ここで、『ウィルバー君の帽子の位置をずらしたい』というような調整が必要になったとします。 その場合には、XCFファイルで帽子のレイヤの位置を調整し、XCFファイルとして保存します。 そのXCFファイルを元に、全レイヤの画像を合成してJPEGファイルに再度出力(エクスポート)します。

XCFファイルの保存を心がけよう

レイヤやチャンネル、およびパスの機能を使用して制作した画像は、必ずXCFファイルで保存するようにしましょう。 後で修正する必要に迫られた場合には、元画像となるXCFファイルが必要になります。

ページの先頭へ
 

まとめ

GIMPでは、レイヤ・チャンネル・パスなどの付加的な情報は、XCFファイルにしか保存することはできません。

そのため、XCFファイルを元画像として保存し、それを元にJPEGなどの画像ファイルを出力するのが一般的です。

ページの先頭へ
 
Google+ GIMP Community
 
 
-
-
-
-