トップ > 知っておきたい機能 > 範囲選択 >
選択範囲のリサイズと移動

選択範囲の大きさの変更や移動方法

矩形選択ツールや楕円選択ツールでは、マウスの左ボタン(マウスの左ボタン)でドラッグすることで範囲選択します。 ここでは、ドラッグで範囲選択した後に、選択範囲を調整する手順を説明します。

まずは、選択範囲の大きさを変更する方法です。

1. 四隅の枠
1. 四隅の枠

上図のように選択範囲の四隅には枠があります(青色で薄く着色した部分)。 この枠をドラッグして移動し、大きさを変えることができます

また、選択範囲の内側の上下左右の位置にも枠があります。 なお、上下左右の枠はマウスカーソルを乗せないと表示されません

では、マウスカーソルを選択範囲の内側の上下左右の位置に乗せてみてください。

2. 上下左右の枠
2. 上下左右の枠

上図のように上下左右に枠が表示されます(青色で薄く着色した部分)。 このように、マウスカーソルが乗っている間だけ枠が表示されます。 こちらの枠は幅や高さの調整に使います。

また、選択範囲の中心部をドラッグすることで、選択範囲を移動させることができます(大きさは変わりません)。

3. 中心部
3. 中心部

上図のように中心部に枠のない部分があります(青色で薄く着色した部分)。 その部分をドラッグすると、大きさは変わらずに選択範囲が移動します。

  
キーボードのカーソルキー(↑↓←→)でも選択範囲を移動させることができます。
ページの先頭へ
 

まとめ

選択範囲は、四隅の枠や上下左右の枠で大きさを変えることができます。 また、中心部をドラッグすることで大きさを維持したまま移動させることができます。

ページの先頭へ
 
Google+ GIMP Community
 
 
-
-
-
-