トップ > 簡単なイラストの制作 > 文字を入れる >
文字をフチどる

文字を黒色にフチどる

続いて、"Wilber"という文字を黒色でフチどりします。 最終的にウィルバー君の背景は白色にしますので、フチどりしなくては目立たないためです。

文字をフチどる

では、文字を黒色でフチどります。 ただし、ウィルバー君の輪郭のフチどりで使用した『ストローク描画』の機能は使いません

今回は、選択範囲の拡大の機能と塗りつぶしツールを使ってフチどりを行います。

新たなレイヤを用意し、文字の形に範囲選択します。 次に選択範囲を広げ、内部を黒色で塗りつぶします。 そのレイヤを文字の下に配置することでフチどりに見せます。

まずは、フチどるためのレイヤを新たに作成します。

1. Wilberフチレイヤの追加
1. Wilberフチレイヤの追加

上図のようにWilberレイヤの下にWilberフチレイヤを追加します

続いて、文字の形に範囲選択します。 レイヤーダイアログにあるレイヤ一覧の"Wilber"という行を右クリックします(新たに作成したWilberフチレイヤではなく文字レイヤであるWilberレイヤを右クリックします)。

2. 不透明部分を選択範囲に(P)
2. 不透明部分を選択範囲に(P)

上図のようにレイヤ用サブメニューが表示されますので、"不透明部分を選択範囲に(P)"を実行します

3. 文字に沿って範囲選択する
3. 文字に沿って範囲選択する

上図のように文字の形に沿って範囲が選択されました。 これは、文字のみが不透明であるためです

次に、選択範囲を広げます

4. 選択範囲の拡大(G)...
4. 選択範囲の拡大(G)...

上図のように画像ウィンドウのプルダウンメニューの"選択(S) -> 選択範囲の拡大(G)..."を実行します。

5. 選択範囲の拡大ウィンドウ
5. 選択範囲の拡大ウィンドウ

上図のように選択範囲の拡大ウィンドウが表示されますので、選択範囲の拡大量を 4 に変更します。

選択範囲の拡大量を 4 に変更したら、[OK(O)]ボタンを押します。

6. 拡大された選択範囲
6. 拡大された選択範囲

上図のように文字の形よりも一回り大きく範囲が選択されました。 次に、内部を黒色で塗りつぶします

ただし、現在はWilerレイヤが選択されていますので、Wilberフチレイヤに選択し直します

7. レイヤの選択
7. レイヤの選択

上図のようにレイヤーダイアログのレイヤ一覧からWilberフチレイヤを選択します。 では、塗りつぶしツールで選択範囲の内部を黒色で塗りつぶします。

8. 塗りつぶしツールで黒色で塗りつぶす
8. 塗りつぶしツールで黒色で塗りつぶす

上図のように選択範囲の内側を黒色で塗りつぶします。 白色の文字よりも4ピクセルほど大きいためフチどりをしたように見えます。

ではここで、範囲選択を解除しておきましょう

ページの先頭へ
 

まとめ

GIMPでは選択範囲を拡大・縮小することができます。

ページの先頭へ
 
Google+ GIMP Community
 
 
-
-
-
-