トップ > 簡単なイラストの制作 > 文字を入れる >
文字を光らせる

文字を光らせる

続いて、"Wilber"という文字をドロップシャドウの機能を使って光らせます。 なお、ドロップシャドウは影を落とすための機能です。

影を落とす

まずは、描画の対象となるレイヤを選択します。

1. レイヤの選択
1. レイヤの選択

上図のようにレイヤーダイアログのレイヤ一覧からWilberフチレイヤを選択します。

では、ドロップシャドウを実行します。

2. ドロップシャドウ(D)...
2. ドロップシャドウ(D)...

上図のように画像ウィンドウのプルダウンメニューの"フィルター(R) -> 照明と投影(L) -> ドロップシャドウ(D)..."を実行します。

3. ドロップシャドウウィンドウ
3. ドロップシャドウウィンドウ

上図のようにドロップシャドウウィンドウが表示されますので、オフセット X、Yを 0、0 に変更します。 さらに、ぼかし半径を 16 に、色を 水色 に変更し、画像サイズ変更可を オフ にします。

  
オフセットは、影を落とす位置のズレを表します。 オフセットが0なら上から光が当たっているように見え、オフセットが大きくなればなるほど横から光が当たっているように見えます。
  
ぼかし半径は、影の『柔らかさ』を表します。 ぼかし半径が小さければクッキリした影になり、大きければボヤけた影になります。
  
画像サイズ変更可をオフにするのはキャンバスサイズが自動的に大きくなるのを禁止するためです。

変更したら、[OK(O)]ボタンを押します。

4. 水色の影
4. 水色の影

上図のように文字の影が水色で落とされます。

  
水色の影は、ドロップシャドウ機能によって自動的に作成されたレイヤに描画されています。

影を濃くする

文字の影が落とされましたが、光っているようには見えません

光っているようには見えないのは、影が薄いためです。 そこで、影のレイヤを複製して影の水色を濃くします

では、影のレイヤの複製を行います。 まずは、対象となるレイヤを選択します。

1. レイヤの選択
1. レイヤの選択

上図のようにレイヤーダイアログのレイヤ一覧からDrop Shadowレイヤを選択します。

続いて、このレイヤを複製します。

2. レイヤ複製ボタン
2. レイヤ複製ボタン

上図のようにレイヤーダイアログのレイヤ一覧の下にあるレイヤ複製ボタン(レイヤ複製ボタン)を>押します。

3. 複製されたレイヤ
3. 複製されたレイヤ

上図のようにレイヤが複製され、"Drop Shadow コピー"レイヤがDrop Shadowレイヤの上位に追加されます。 これで、影の濃さが倍になりました。

では、影がある2つのレイヤを1つに統合しましょう。 レイヤ一覧の"Drop Shadow コピー"という行を右クリックし、表示されるレイヤ用サブメニューから"下のレイヤーと統合(W)"を実行します

さらに、統合したレイヤの名称を"Wilber影"に変更します。

4. 統合されたレイヤ
4. 統合されたレイヤ

上図のように影のレイヤを"Wilber影"という名称のレイヤにまとめます。

では、下絵を非表示にしてウィルバー君の姿を見てみましょう。

5. 現在のウィルバー君の姿
5. 現在のウィルバー君の姿

完成に近づいてきました。

では、非表示にした下絵レイヤを再表示して次へ進みましょう。

ページの先頭へ
 

まとめ

ドロップシャドウの機能で影を落とすことができます。

ページの先頭へ
 
Google+ GIMP Community
 
 
-
-
-
-