トップ > 知っておきたい機能 > 色の調整 >
色相と彩度の調整

色相と彩度を手動で補正する

この記事では『色相と彩度の補正』について説明します。 前の記事で紹介した『明るさとコントラストの補正』と同じように手動で補正するための機能です

まず初めに『色相』と『彩度』について説明し、続いて補正方法の説明に入ります。

色相・彩度とは

『色相』とは色合いのことです。 色相は円で表され、0度が赤色、60度が黄色、120度が緑色、180度が水色、240度が青色、300度が紫色です。

『彩度』とは鮮やかさのことです。 彩度が0になると黒色や灰色、白色のように色味がなくなります。

上図のように描画色の変更ウィンドウでは色相・彩度・明度で色を設定することもできます(上図の明るい部分が色相を表す円です)。

ページの先頭へ
 

色相と彩度の補正

『色相・彩度の調整』の機能を紹介します。 この機能は、色相・輝度・彩度を手動で調整するためのものです。

発色が弱い写真の補正に使える機能です

では、実際に補正してみましょう。

1. 補正前の写真
1. 補正前の写真

上図のように補正する写真を開きます。 見ての通り発色の弱いメリハリのない写真です

続いて、『色相-彩度』ウィンドウを開きます。

2. 色相-彩度(S)
2. 色相-彩度(S)

上図のように画像ウィンドウのプルダウンメニューの"色(C) -> 色相-彩度(S)..."を実行します。

3. 彩度(S)を+50に
3. 彩度(S)を+50に

上図のように『色相-彩度』ウィンドウが開きますので、彩度(S)を +50 に変更し、[OK(O)]ボタンを押します。

4. 補正後の写真
4. 補正後の写真

上図のように補正されます。 彩度が高くなったことでメリハリのある写真になりました。

  
今回の例では、補正の効果をわかりやすくするため彩度を +50 しました。 そのため、不自然なほど鮮やかな写真になってしまっています。

さらに、色相も調整してみましょう。 再度、画像ウィンドウのプルダウンメニューの"色(C) -> 色相-彩度(S)..."を実行します。

5. 色相(H)を+45に
5. 色相(H)を+45に

上図のように『色相-彩度』ウィンドウが開きますので、色相(H)を +45 に変更し、[OK(O)]ボタンを押します。

6. 補正後の写真
6. 補正後の写真

上図のように補正されます。 予想通り、ひどい写真になりました。

  
色相の変更の説明のため、あえて意味のない補正を行いました。
  
色相の変更は、ウェブ用のボタン画像を色違いでたくさん製作する場合などには重宝します。 1つボタンを製作すれば、後は色相で色味を変更するだけでたくさんの色のボタンを量産できます。

色相・彩度の補正は利用価値あり

ここで紹介した『色相と彩度の補正』の機能は、色相・輝度・彩度の補正が可能です。 ただし、輝度に関しては利用しないほうが良いでしょう

なぜなら、明るさの補正は、別の記事で後ほど紹介する『レベル』と『トーンカーブ』を使うべきだからです。 『色相・彩度の調整』の機能で、上級者になっても利用するであろう項目は、『色相』と『彩度』です。

『色相』や『彩度』の補正をするなら、ここで紹介した『色相と彩度の補正』の機能がベストです

ページの先頭へ
 

まとめ

『色相』は色合いのことで、『彩度』は鮮やかさのことです。 色相と彩度は『色相-彩度』ウィンドウで補正することができます。

ページの先頭へ
 
Google+ GIMP Community
 
 
-
-
-
-