チャンネルを介した『ぼかし選択』

トップ > 知っておきたい機能 > 範囲選択 >
チャンネルとの相互変換

 
 
 
-
-
-
-
 
 
 
 
 

選択範囲をチャンネルを介して加工する

知っておきたい機能 > チャンネル関連 > チャンネルとはで触れたように、選択範囲はチャンネルと相互変換することができます。 チャンネルはグレースケール画像であるため、チャンネルを介することで選択範囲を画像のように加工することができます

ここでは選択範囲をチャンネルを介することで画像のように加工する手順を紹介します。

チャンネルを介した『ぼかし選択』

では、チャンネルを介した『ぼかし選択』を実行してみましょう。

1. 画像を開く
1. 画像を開く

上図のように何でもよいので画像を開きます。

では、チャンネルを介した『ぼかし選択』を行いましょう。

2. 矩形選択ツールを選択
2. 矩形選択ツールを選択

上図のようにツールボックスから矩形選択ツールを選択します(またはキーボードのRを押します)。

次に、画像の一部を範囲選択します。

3. 矩形に選択
3. 矩形に選択

上図のように囲みます。 大きさや形状は何でも構いません。

続けて、選択範囲をチャンネルに変換します

4. チャンネルに保存(C)
4. チャンネルに保存(C)

上図のように画像ウィンドウのプルダウンメニューの"選択(S) -> チャンネルに保存(C)"を実行します。

これで、新たに選択マスクチャンネルが作成されています。 作成された選択マスクチャンネルを確認しておきましょう。

5. チャンネルの確認
5. チャンネルの確認

上図のようにドックの上部のチャンネルダイアログに、チャンネル関する情報が表示されます。 選択マスクチャンネル一覧には"選択マスク コピー"という行のみがあります。

この"選択マスク コピー"というチャンネルが選択範囲から作成されたチャンネルです。

ではここで、範囲選択を解除しておきます。 画像ウィンドウが選択されている状態で、キーボードのCTRL + SHIFT + Aを押して範囲選択を解除します

なお、ここで範囲選択を解除することはとても重要です。 ここで範囲選択を解除しておかなければ、この後の作業でチャンネルをぼかす時に選択範囲内でしか『ぼかし処理』が行われないためです

6. 範囲選択の解除
6. 範囲選択の解除

上図のように選択を解除したら、続けて選択マスクチャンネルを画像として表示します

  
チャンネルを表示しなければ加工の結果を目で確認できないためです。
7. 選択マスクチャンネルの表示
7. 選択マスクチャンネルの表示

上図のようにチャンネルダイアログのチャンネル一覧の、"選択マスク コピー"チャンネルの行のチャンネル表示ボタン(チャンネル表示ボタン)をオンにして"選択マスク コピー"チャンネルを表示します。

8. 選択マスクチャンネルの内容
8. 選択マスクチャンネルの内容

上図のように画像ウィンドウにチャンネルの画像(グレースケール画像)が表示されます。 中心部が明るのは中心部が選択率100%であるためで、同様に周囲が暗いのは選択率が0%であるためです

なお、周囲の部分(選択率が0%の部分)でもレイヤの画像が透けて見えているのは、チャンネルの表示の不透明度が初期値で50%になっているためです。

  
チャンネルの不透明度はチャンネルのサブメニューから"チャンネルプロパティの編集(E)..."を実行することで変更することができます。 なお、今回の例では不透明度は変更しません

続けて、チャンネルをぼかしますが、まずはチャンネルを選択しなければなりません

9. チャンネルの選択
9. チャンネルの選択

上図のようにチャンネルダイアログのチャンネル一覧から"選択マスク コピー"チャンネルを選択します。 選択されたチャンネルはレイヤと同じく色づけされて表示されます

  
チャンネルはレイヤと同時に選択することはできません。 つまり、チャンネルを選択するとレイヤの選択は解除されます。 同様に、レイヤを選択するとチャンネルの選択が解除されます

では、選択マスクチャンネルをぼかします。 残像のような効果のある『モーションぼかし』でぼかします。

10. モーションぼかし(M)...
10. モーションぼかし(M)...

上図のように画像ウィンドウのプルダウンメニューの"フィルター(R) -> ぼかし(B) -> モーションぼかし(M)..."を実行します。

11. モーションぼかしウィンドウ
11. モーションぼかしウィンドウ

上図のようにモーションぼかしウィンドウが表示されますので、長さ(E)を 50 に変更します。 長さ(E)を 50 に変更したら、[OK(O)]ボタンを押します。

12. ぼけたチャンネル
12. ぼけたチャンネル

上図のようにチャンネルの内容に『モーションぼかし』がかかります。 では、レイヤを非表示にしてチャンネルのみを表示してみましょう。

13. チャンネルの内容
13. チャンネルの内容

上図のようになっていればチャンネルのぼかしは完了です。 すでに何度も説明したようにチャンネルはグレースケール画像ですので、画像を扱うようにぼかすことができました。

では、非表示にしたレイヤを再表示してください

続いて、チャンネルを選択範囲に戻しましょう。 チャンネルダイアログにあるチャンネル一覧の"選択マスク コピー"という行を右クリックします

14. チャンネルを選択範囲に(C)
14. チャンネルを選択範囲に(C)

上図のようにチャンネル用サブメニューが表示されますので、"チャンネルを選択範囲に(C)"を実行します

15. チャンネルが選択範囲に
15. チャンネルが選択範囲に

上図のようにチャンネルの濃淡に沿って範囲が選択されました。

続けて、切り取りを実行しますが、まずはレイヤを選択しなければなりません

16. レイヤの選択
16. レイヤの選択

上図のようにレイヤーダイアログのレイヤ一覧から対象のレイヤを選択します。

では、切り取りを実行します。

17. 切り取り(T)
17. 切り取り(T)

上図のように画像ウィンドウのプルダウンメニューの"編集(E) -> 切り取り(T)"を実行します(またはキーボードのCTRL + Xを押します)。

18. 切り取り結果
18. 切り取り結果

上図のように残像のように切り取られます。

ページの先頭へ
 

まとめ

選択範囲はチャンネルと相互変換することができます。 チャンネルはグレースケール画像であるため、チャンネルを介することで選択範囲を画像のように加工することができます。

チャンネルは、レイヤと同時に選択することはできません。 チャンネルを選択するとレイヤの選択は解除されますし、同様にレイヤを選択するとチャンネルの選択が解除されます。

チャンネルは、レイヤと同じように画像として加工することができます。

ページの先頭へ
 
Google+ GIMP Community
 
 
-
-
-
-